2013年4月26日金曜日

日時を指定して繰り返し投稿するには

 
以前に事前に投稿を予約する方法をご紹介しました。

日時を指定して予約する方法でしたが、同じ内容を何度も繰り返す為にはその度に予約をしなければいけません。

一度設定しただけで、同じ投稿を毎日決まった時間にしてくれるツールがあります。

こちらのTwittbotです。

指定した時間だけではなく、決まった時間の感覚でランダムに呟かせる事もできる便利なツールです。

しかし、このツールを使用する場合は、ツイッターを開始して間もなかったり、フォロワー数が少なかったりしたら「アカウント凍結」の対象になる恐れがありますので注意してください。

実際私が新規アカウントを登録してすぐに自動投稿を設定したら、翌日にアカウント凍結されました(笑)

経験上、フォロワー数2,000人を突破すれば大丈夫じゃないかと思われます。


それではアクセスしてみましょう。


LOGINのアイコンをクリック。


青丸で囲まれた数字・アルファベットを赤丸の窓に入力してクエリ送信をクリック。するとツイッターの認証画面が出てきますのアカウントとパスワードを入力してください。最初の画面に戻りますので、再びLOGINのアイコンをクリック。

これで登録完了です。


次につぶやきの登録方法です。



TOPページの「つぶやき登録」クリックするとメインメニューが開きます。


自動投稿したいつぶやきを入力します。入力したら「つぶやき追加」をクリック。700個まで予約できます。いくつか追加したら右上の「詳細設定」をクリックしましょう。


「つぶやき状態」・・・つぶやくにチェックを入れれば開始します。
「つぶやき順番」・・・登録順かランダムにつぶやくかを選択。
「つぶやき感覚」・・・何時間毎につぶやくかを選択します。

※私の経験上、ツイッターで同じ内容のツイートをするには丸一日間隔を置くか、間に10個のツイートを挟まないとはじかれます。ここで「1時間間隔」を選択するなら、最低24個以上のつぶやきを登録しておいたほうが無難です。


「夜間のつぶやき停止」・・・これは手動でつぶやいているのだと思われるためじゃないかと。ちょっと姑息ですが(笑)
「自動フォロー返し」・・・・設定しておくとフォロー返しチェックの手間が省けます。

ここまで終わったら「設定を更新する」をクリックして終了です。


最後に、日付や曜日・時間を指定するつぶやき設定を説明します。

メニューの「時間指定」クリックします。

時間指定には「日付・時間を指定してつぶやく。」「毎日同じ時間につぶやく。」「曜日・時間を指定してつぶやく。」の3パターンがあります。



日付指定をクリックして○○月××日の△△時□□分と入力すると、その時間につぶやいてくれます。


日付のボックスのチェックを外して時間だけ入力すると毎日その時間につぶやいてくれます。


曜日指定をクリックして曜日のボックスにチェックを入れると、毎週その曜日のその時間につぶやいてくれます。

用途に合わせて、ランダム、日時指定、曜日指定、時間指定と使い分けましょう。